A4 ART PROJECT終了しました!~クロージングパーティー報告~


TREST売れ筋TOP3

1st
2nd
3rd

トレッツ!(-_☆)

UCです!急に秋めいて来ましたねー。どもッ!

さて、先日から告知させて頂いておりました【GOSPEL FOR TRAMPS】主宰のアートエキシビション【A4 ART PROJECT】大盛況のうち会期も終了しクロージングパーティーも潜入して来ましたので報告させて頂きます。

イヤー先ずは、GOSPELさん。

お疲れ様でしたッ!

50人近いアーティスト達をまとめあげ、ほぼ1人でイベントを運営→成功させるそのバイタリティーに脱帽です!
私も何度か足を運ばせて頂きましたが、どのアーティスト様もGOSPELさんの男気に惚れて参加しているというのが強く感じられました。

Image-1

また、今回絵画やイラスト写真等の平面作品だけでなく鉄や布を使用した立体物があったのも企画に厚みを出した要因になったものと考えます。
A4という決して大きいわけでは無いキャンバスの中に思い思いのテーマを掲げ、磨きあげられた技と手法を駆使した作品群。
ホンッと、見応えありました。

そしてそして、我等がTRESTに参加頂いているアーティスト様の今回の作品もサイコーにクールでしたのでココに紹介させて頂きます!(ケースも見てね★)

【GOSPEL FOR TRAMPS】

【GOSPEL FOR TRAMPS】

A4展主宰。ヒップホップカルチャーをユニークで暖かみのあるキャラクターで描いた作品。
この絵、完全に音が鳴ってます!

GOSPELさんのケースはこちら▼
gospel_large

【LOOT ONE】

【LOOT ONE】

TRESTお馴染みロートさん。今回のデザインもかなりシャレオツです!
骸骨とフラワーのアンチテーゼを絶妙にMIX。異空間への入り口のような不思議な作品で軽くトリップ。

ロートさんのケースはこちら▼
lootone_top

【END/円度】

【END/円度】

ハードコアフライヤーで抜群の人気を誇るエンドさん。こちらは円度名義の和テイストな逸品。
あまりに繊細で緻密な線画に圧倒されしばらくその場から動けませんでした。ハイ。

エンドさんのケースはこちら▼
end_top

【岡野 真人】

【岡野 真人】

私UCが10年来応援し最も原画をコレクションしている大好きな野獣派洋画家。
岡野氏の作品はとにかくパワーを貰えるんです!このモンスター画も部屋に飾れば毎日元気ハツラツ♪
来年遂に活動拠点をニューヨークへ移すとの事。世界の岡野画伯へ邁進中!

岡野君のケースはこちら▼
OKN_バナー

【IKKO TORCIDA】

【IKKO TORCIDA】

抜染アーティスト一航さんの今回の作品は少し実験的。いつもの太線はそのままにカラーで色付け。
風合いの有る額も全て手作り。流石です!
実はレセプションで見た瞬間から狙ってました。(本気)

一航さんのケースはこちら▼
ikk_top

【岡田 豊】

【岡田 豊】

この人は会うたびに良い意味で軽く期待を裏切ってくる天才洋画家。
白いキャンバスに白い絵の具。ガラス作家の作品を埋め込んだ目。
実物を見ないとこの空気は伝わりません。
お客様の滞留時間が最も長かったように思えます。

豊君のケースはこちら▼
yutaka_top

【SHIRO ONE】

【SHIRO ONE】

最後に紹介するシロさん。彼女はニューヨークやベルリン等活動拠点を主に海外に置いた壁画アーティスト。
GOSPELさんにも通ずるヒップホップカルチャーの影響を色濃く感じる作品。
めっちゃキュートっす♪

シロさんのケースはこちら▼
bam

そして、今回新たに出会った超イカすアーティスト様にも既にオファーさせて頂いております!!!!!

お楽しみに~(^_-)-☆彡


最新商品をチェック